汗を抑える

汗は体温を調整するために、必要なものです。しかし、多汗症の方は、汗の分泌がひどく、悩みになっている方も多いと思います。
汗をかくだけならばまだ良いのですが、汗の成分が、悪臭につながってしまいますので、特に女性にとっては、困りモノだと思います。

 

解説者

そんな際に、簡単に利用できるのが、制汗スプレーです。制汗スプレーの効果は、汗のニオイを抑えることと、殺菌の増殖を抑えること、そして菱を吸収してべたつきがないようにすることです。

 

当然、汗そのものを抑えることもできます。タイプはさまざまで、清涼感を得られるものや、香りがついているものなどがあり、汗をかきやすい首やワキ、背中や足などに利用します。

 

制汗スプレーには、ナノイオン微粒子があり、ニオイの分子を吸着して消臭することができるのです。

 

制汗スプレーにもさまざまな種類があります。汗のかき方が異なりますので、女性用とは異なります。

 

男性の場合には、特に悪臭を放つ可能性がありますので、男性専用のスプレーを利用すべきだと思います。

 

一方、女性は香りのするタイプの消臭スプレーが豊富にありますので、ご自身に見合った商品を利用されるとよろしいと思います。

 

制汗スプレーを利用するのは、スポーツなどで汗をかいたときや、出かける際のべたつき防止の際、寝起きの際や嫌なにおいの予防のために利用します。

 

そして効果的な利用方法は、入浴後などの肌が臭わないときに利用すべきです。
汗は、やっかいなものですが、体温を一定に保つという大切な役割がありますので、利用方法をしっかり理解することが大切だと思います。

 

 

制汗スプレーにもデメリット・副作用がある

ラポマイン

 

制汗スプレーって便利な面もありますが、デメリット・副作用もあるかと思います。

 

汗って乾燥させることにより、より多く出てきたりします。乾燥させることにより、抑えられると思っている人も多いですが、実はそういうことではないんですよね。逆に汗がたくさん出てくるのです。

 

しかも、制汗スプレーの臭いと汗の臭いが混ざって、よりひどい臭いになることが多いです。わきが臭よりもひどくなったり。

 

ですので、下手に制汗スプレーを使うよりも、ラポマインのようなジェルクリームが一般的になっていますね。ジェルクリームならば乾燥することはありませんし、除菌もできますので、臭いをかなり抑えることが出来ます。

 

ですので、どの制汗スプレーがいいのか迷っている人は、「ラポマイン」を一度使ってみるといいと思いますよ('◇')ゞ

 

 

≫ラポマインの公式サイトはこちら