汗が臭くなる原因

これから夏になります。今年も猛暑になるといわれていますので、私のような汗かきの人には悩みの種になってしまいます。

 

私の場合は、汗かきで新陳代謝が良いのか、汗がべたべたになることはなく、サラサラな状態です。ですから、特に問題はないのですが、頭からダラダラと汗が出て、不潔な感じが嫌なものです。

 

汗は、そもそも臭いがないそうです。無色無臭なのです。汗をかくことにより悪臭を放つのは、細菌のせいだと思ってください。

 

汗はある意味、多くの栄養素が含まれているために、皮膚の細菌が活性化して臭いを発生してしまうのです。

 

しかし、汗は体温調節機能がありますので、大切なものです。ですから、汗とうまく付き合うような生活をすべきだと思います。

 

汗にも種類があり、エクリン線とアポクリン腺です。エクリン腺はサラサラの汗ですが、アポクリン腺の汗は、ベタベタで、皮膚にしっかり付着してしまうのです。

 

とにかく、汗臭くなるのは細菌のせいで、体質によるものです。ですから、まずは汗をかかない、臭いをおさえる、無理だと思ってあきらめる人がいると思います。

 

汗は、かかなくすることは良くないので、適度にすることがより良いです。太っている方は汗をかきやすいです。なぜならば、脂肪があることにより、熱を体内にとどめてしまうのです。
当然、太っている方は新陳代謝も多いので、汗をかきやすいのです。適度な運動をして、ダイエットをすることにより、汚い汗が出ることを抑えることもできますので、ぜひ、ウォーキングやジョギングなどをすることをお勧めします。(私も考えなければ・・です)