制汗スプレーの殺菌効果

制汗スプレーの殺菌効果の検証を、大手メーカーのK社が行いました。自然の成分である、β−グリチルレチン酸にはワキ汗などの汗腺に働く効果があるということがわかったのです。

 

簡単に説明しますと、ワキ汗などは、皮膚に常駐している細菌により発生するのですが、以前は、天然成分ではなく人工的な成分で、殺菌をするようにしていたのです。

 

一般の方々は、約6割の方が自分の臭いが気になる、そして、制汗スプレーには防臭効果を要求する、そして、8割以上の方が、制汗スプレーは効果が同じならば、自然由来の成分の商品を選択したいとのアンケート結果があり、自然嗜好の傾向にあります。

 

そこで、β−グリチルレチン酸を配合した商品を開発し、人工的な成分以上の殺菌効果を得られる商品を発売しているのです。

 

よく汗をかく部分は、蒸れている場合もあり、細菌が多く繁殖しています。殺菌を殺すための効果は、臭いの発生を抑えることができますので、ありがたいことなのですが、人工的に作られた制汗スプレーでは、肌への悪影響などが心配されます。

 

ですから、天然由来の成分を含み、人工的な成分でない制汗スプレーは安心して利用することができます。

 

臭いの元になるのは、細菌の繁殖です。できれば、常にきれいにすることが必要で、シャワーなどで洗い流すことも必要なのですが、あまりにも極端に洗浄しすぎますと、皮脂の分泌などに悪影響を及ぼします。

 

ですから、毎日の洗浄はもちろん、用途に応じて、殺菌効果が高く、安心できる商品を利用するようにしましょう。