体臭対策に制汗スプレー

夏になりますと、自ずと汗をかくことになります。汗自体には臭いはないのですが、汗と体臭にはとても深いつながりがあります。

 

臭いのもとになるのは、汗をかいても、しばらくそのままにすることや、皮脂の環境によることです。汗を放置しますと、皮脂から悪臭を放ってしまうのです。

 

汗と皮脂が混ざり合うことにより酸化して、細菌により、臭いを放つのです。ワキの下などは、空気に触れることもなく、蒸れている場合が多いので、季節にかかわらず、常に汗をかくことが多いのです。

 

したがって、基本的には、長時間にわたり、肌に汗が残らないようにすることが必要なのです。

 

まずは、通気性の良い服を着て、蒸れることのないようにすることが必要です。吸湿性が高く放湿性の高い服が良いです。

 

素材としては、速乾性のある合成繊維やシルクなどがよく、逆にポリエステルや麺などは、ワキ汗の対策にはならないと思ってください。

 

制汗スプレーをワキに塗っていても、汗を完全に抑えることは不可能ですので、通気性の良い服を着るようにしましょう。

 

デオドラントなどの商品もありますが、衣類に付着した汗の臭いとデオドラントの臭いが混じってしまいますと、悪臭を抑えることはできません。

 

できれば、無香料の商品を利用する方が良いと思います。制汗スプレーにも限界がありますので、まずは生活習慣を改めることも必要です。

 

ストレスをためないことや、バランスの良い食生活にすること、睡眠を多くとること、アルコールやタバコを控えることです。